こんにちは。管理人です(´・ω・`)。

今回は、ドコモのFOMA回線が月々2,980円で利用できるという破格のサービス「DTIハイブリッドモバイルプラン」をレビューしたいと思います。もちろん、パソコンやDS・PSPといったゲーム機での利用もOKです!すごいです。
日本国内の電波カバー率NO.1である最強のドコモ回線が、どうしてこんなに安く利用できるのか不思議ではありませんか?ケータイの小さい画面でポチポチ操作するパケホーダイですら月々4,200円なんです。どうして、格安でサービスが提供できるのかというと…

 

MVNO(仮想移動体サービス事業者)を利用したサービスなんです。

 

簡単に言うと、ドコモの回線をDTI社が借り受けて再販してるようなものなんです。だから、FOMAのフルスペック(下り7.2Mbps)を格安で利用できるというワケ。それでは、小難しい説明はこの辺にしておいて早速、写真入りレビューをしていきましょう!

 

「DTIハイブリッドモバイルプラン」を利用するにはインターネット上からの申し込みが必要です。
同プランでは、「ルータタイプ」と「USBタイプ」の2種類から1つを選択することができます。
管理人はルータタイプを選択しました。
お申込みはコチラ→http://dream.jp/mb/dc/index.html

 

 

申込み開始日(2011年3月8日)当日に申込み、機器やID・パスワードが到着したのは3月25日のことでした。3月下旬から順次発送!とのことだったので、遅れることなく到着したことになります。

左の画像は、送られてきた時の梱包の様子。袋梱包で、中にはプチプチで包まれた機器が入っていました。宅配業者はクロネコヤマト。

 

 

 

 

 

中身はこんな感じです。

あっさりした印象。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ルータタイプを申し込んだので、モバイルルータ本体と、公衆無線LAN設定マニュアルが付属していました。ちなみに、モバイルルータはネットインデックス社製のもの。

 

 

 

 

 

 

 

箱を開けたところ。

最近、流行ってますね。魅せる梱包。

 

 

 

 

 

 

 

 

付属品を全て並べてみたところ。

左上から「USB接続ケーブル」「電源ケーブル」「バッテリー(装着用)」

下段が「モバイルルータ本体」になります。

 

バッテリーが外されてる状態で梱包されているので、利用する際には装着する必要があります。

 

 

 

 

 

ちなみに、別送のユーザID・パスワードを記した書類。こちらは普通郵便で同日25日に届きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

本体正面

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本体裏面

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手でつかんでみたところ。

かなり小さいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本体下側面。

左側が無線LAN(Wi-fi)スイッチ、右側が電源ボタンです。

 

 

 

 

 

 

 

 

左側面にはmicro-USB端子があります。

端子カバーはありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

モバイルルータ―とiPhone4を並べてみたところ。

モバイルルータの方が若干厚いですが、全体的に小ぶりな為、大きく感じません。

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、SIMカードは半固定状態で初めから装着されていました。

無理に外そうとすると、壊れそうなので管理人はスルーしました(´・ω・`)

白いのがSIMカードです。

 

 

 

 

 

 

 

 

本体の電源ボタンを約3秒押下して、電源を投入したところ。

緑色に点灯している時は準備中です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

利用可能になると青色に点灯します。

なお、このLEDインジケーターは省電力の為にしばらくすると消灯します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、写真でお送りするレビューはここまで。

実際に使ってみた感想や、気になる通信速度・レイテンシについては次のレビューでお送りします!