iPad3向けのRetinaディスプレイ部品が流出か ―解像度は2048×1536が濃厚

韓国のとあるフォーラムが出処とする、iPad 3用の液晶ディスプレイ部品画像がネット上に流れています。

■iPad3用液晶ディスプレイ部品とされるもの


この画像に写っている2枚のパネルのうち、上がiPad2用下がiPad3用です。なぜこの画像でRetinaディスプレイと判断されているのか?というと、データ転送ケーブルが1本増えているからです。



上記画像はApple製品分解でおなじみの「iFixit」がiPad2を分解した際のものです。画像でも分かるように、「Data」として指し示されている茶色のフラットなケーブルは2本です。一方、今回流出したとされているiPad3向け液晶ディスプレイ部品では3本になっています。

iPad3は解像度が2048×1536のRetinaディスプレイを搭載していると噂されており、従来の解像度である1024×768と比較すると2倍も増えています。そのため、データ転送ケーブルが2本では転送容量が足りないため3本に増やされたのではないか、とされています。

また、ディスプレイサイズは従来の9.7インチと変わらないことも見てとれます。


液晶ディスプレイ部品のリークまで登場してきたことで、iPad3の近日発売が現実味を帯びてきました。Retinaディスプレイを搭載した本命iPad3の発売は間もなくです!

[出典]
TARINGA!

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます