米グーグル、次世代Android 5.0 「Jelly Bean」をまもなくリリースか

台湾のニュースメディアDIGITIMESが2月16日(現地時間)、Googleが次世代Android OS「Android 5.0(コードネーム:Jelly Bean)」を2012年第2四半期(4~6月)にリリースする可能性があると伝えています。この情報は台湾に拠点を置く部品メーカーからもたらされたとのことです。

比較的早くリリースされる理由として、同記事では、Microsoftが2012年第3四半期(7~9月)に発売を予定しているARM版Windows 8の存在を挙げており、Android5.0はタブレットを重視した内容になるとしています。

また、GoogleはWindows 8との共存(デュアルOS化)を推し進めるために、Chrome OSとAndroid OSのシステム統合を行うことでタブレットに最適化するとしています。このことにより、シャットダウンすることなくWindows 8とAndroid 5.0の2つのOSを切り替えることが可能になるとしています。

ARM版Windows 8は主にタブレットに搭載されるとみられ、Androidタブレットにとっては大きな脅威になり得る可能性があります。Googleはその脅威に対して「共存」を選ぶことにしたのでしょうか。

[DIGITIMES]
http://www.digitimes.com/news/a20120215PD209.html

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます