スマホ初心者注意!Androidのバックアップに潜む罠

 Androidには外部SDカードへのバックアップに罠があることをご存じでしょうか? 手順を間違えるとバックアップしたはずの大切なデータが全て消えてしまうことも…。

 修理や機種変更する時など、SDカードにバックアップしたはずのデータがどこにもない!といったトラブルに巻き込まれないよう、次のことを十分に確認してください。

カンタン編

 これから説明すること、分からない単語がいっぱい出てくると思います。でも、大切なデータのバックアップってどなたにも必要ですよね。そんな方のために、SDカード(外部メモリ)にバックアップしたときに必ずして欲しいことが1つあります。

 


SDカードの中身をパソコンで確認する

 

 次の項で説明することを理解できなくても大丈夫です。パソコン用のSDカードリーダーに挿しこんで、大切な写真やメールなどのファイルが存在することを確認してください。スマートフォンからではなくパソコンで確認することが大切です。

 写真ファイルならば、大抵は「DCIM」という名前のフォルダの中にあります。

マウント先の罠

 AndroidはLinuxベースであるために、外部ストレージなどを認識させる「マウント」という概念があります。実際は他のOSにも同様の概念は存在しますが、ユーザーに身近な存在ではありません。マウントはLinuxの利点ともいえますが、多くの人が使うAndroidでは厄介な存在になります。

 紛らわしいことに、内蔵ストレージを保有するAndroid端末の多くは、外部SDカードのマウント先が「/sdcard/external_sd」になります。1つ上の階層は「/sdcard」ですが、「external_sd」を除いて、配下にあるファイルは内蔵ストレージに保存されたものなのです。

 ”sdcard”って書いてあるのに保存場所が内蔵ストレージとは…罠すぎます。

 まとめるとこんな感じです。

 「/sdcard」        → 内蔵ストレージ
 「/sdcard/external_sd」 → SDカード(外部ストレージ)

 ディレクトリ名だけを見て「/sdcard だから、ここがSDカードだ!」と勘違いし、そこにバックアップを行った上で本体メモリの初期化をすると、データが全部消えてしまいます。したがって、バックアップするときは必ず「/sdcard/external_sd」配下に入れてください。

 ただし、全ての端末がそのディレクトリパスなのかというと、違います。ここがまたややこしいのです。なので、データの初期化などをする際には「機種名+バックアップ」などのキーワードでウェブ検索を行い、SDカードのマウント先を調べることが大切です。

 なお、次のようなアプリを使うのも1つの手段です。

  ●アストロファイルマネージャ
  ●JSバックアップ

 それにしても /sdcard がSDカードではないとは…紛らわしいですよね。技術的経緯があるので仕方ないにせよ、早く改善して欲しいところです。

2012/02/28 02:50 JST : 一部、語句の訂正

ソーシャルシェア

著者

管理人

管理人

サイト管理をしています。

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます