ソニーが開発した便利技術がスゴイ! NFCの新しい未来

最近なにかとNFCと言われていますが、2012年は『NFC元年』と呼べる年になりそうです。

というのも、次世代のiPhone 5にNFC搭載がされるのでは?と予想されていることに加えて、既にAndroid陣営がNFC搭載に力を入れていることが理由の1つです。

同様の規格では、JR東日本の「Suica」などでも使われている「FeliCa」が日本では有名ですが、日本でもNFC(※1)を積極的に導入していくことを目的として、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイルの3社が共同で普及団体を設立しました。日本でも、国際規格NFCが次第に浸透していくことでしょう。

さて、電子マネーのイメージが強いNFCですが、ソニーは違った使い方で便利なスマートフォンライフを実現しようとしているようです。今回は、そんなNFCに対するソニーの取り組みをご紹介します。

※1 正しくは、NFCは近距離無線通信におけるインタフェース(接続部)の呼称。設立された団体ではNFC Type-AとType-Bの導入を目的としている。

主役は小さなキーホルダー

この小さなキーホルダーの画像をみてください。これがソニーがまもなく送り出す、今回の主役「Xperia Smart Tags」です。この小さなタグの中にNFCチップ(※2)が埋め込まれています。こんな薄くて小さい中に!?と思われるかもしれませんが、お手持ちのSuicaやICOCA、学生証などにも同様にNFCチップが埋め込まれています。そう考えると、この薄さと小ささも納得できます。

このタグとスマートフォンの間で非接触通信を行って便利さを提供しようというのがソニーの狙いです。でも、一体どんなことができるのでしょうか?

※2 タグにタグ…と分かりにくくなるので便宜上、チップとしていますが「タグ」が妥当な表現です。
  (2012/02/16 22:17 JST 追記)

設定の手間を無くす、スマートな生活

スマートフォンやフィーチャーフォン(ガラケー)を使う方の中には、外出の際にマナーモードに設定し、帰宅したら解除するといった方が少なくないと思います。また、寝る前には明日の起床時間に合わせてアラームをセットして、メールの音で起こされないようにサイレントモードにしている方もいるのではないでしょうか。

さらに使いこなしてる方の中には、外出時にマナーモードに設定しつつ、駅に向かう間に「時刻表アプリ」で電車の時間を調べたり、車を運転する時にはミュージックアプリを起動して車載オーディオに繋げている方もいるのではないでしょうか。

毎日のように同じ操作を繰り返していますが、起動したり、設定したりと意外に面倒なものです。そんな設定や起動を一発で行ってくれるのが「Xperia Smart Tags」です。

この動画では、様々な場所に置いたXperia Smart Tagsにスマートフォンをかざすことで自動的にアプリが起動したり、設定されたりする光景が描かれています。


車に乗った時は、GPS・Bluetoothをオン、ナビアプリを起動


会社に到着したら、Wi-Fiをオン、着信音量を最大、カレンダーアプリを起動


帰宅したら、Wi-Fiをオン、着信音量を最大、ニュース・天気アプリを起動


寝る時は、アラームを起動、サイレントモードをオン、Wi-Fi・BT・GPSをオフ

Xperia Smart Tagsを利用することで、GPSでは精度の問題から提供できないきめ細かなイベントトリガー(起動タイミング)を実現することができます。

初回こそ設定を行う必要がありますが、機能が煩雑になればなるほどカンタンに操作できる仕組みが欲しくなるものです。なにも、NFCの使い道は電子マネーだけではありません。NFCを使ったワクワクするような未来がすぐそこまで来ています。

 

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます