【速報】iPhoneの900MHz帯対応は今年7月25日に決定!

 本日、ソフトバンクモバイルは「900MHz帯“プラチナバンド”の割り当てについて」という名称でプレスリリースを発表し、同社が販売する「iPhone 4」「iPhone 4S」「iPad 2」および、3月に発売予定の「PANTONE 105SH」、2012年夏モデルが、2012年7月25日(水)から900MHz帯のプラチナバンドに対応することを明らかにした。

 ソフトバンクモバイルは、昨日の900MHz帯獲得決定前に基地局の工事を前倒して行っており、その戦略が早期対応に実を結ぶ形となった。

 3月7日(米国西部時間)に発表されると予想されている新型「iPad 3」も同様に対応するとみられ、より一層、通信品質の向上が見込まれる。

 また同時に、正式な獲得を受けて基地局整備の投資額を大幅に増額することを発表している。具体的には、連結設備投資額を2年間(11年度および12年度)で1兆円としていたのに対し、1,000億円を上積みして1.1兆円とし、13年度には4,500億円の設備投資を計画した上で、3年間の合計を1.55兆円にするとしている。

[ソフトバンクモバイル プレスリリース]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます