速報 Androidが禁断の月額課金を導入 ―日経BP

 速報 ― Googleが自社のコンテンツ配信基盤「Google Play」において、月額課金モデルを導入すると日経BPが報じています。

 それによると、今年4月から対象コンテンツを限定しない形でGoogle Play Storeで販売されるアプリの決済手段に「月額課金」の項目が増えるとのことです。一方、iPhoneなどで利用される「iTune Store」では、月額課金モデルは定期購読の雑誌(サブスクリプション)などに限られており、Googleとは対照的な方策となっています。今のところ、Appleがこの流れに追従するかは不明です。

 Androidにおけるアプリの売り上げについては、購入率が低いなどといった問題が度々指摘されていましたが、月額課金モデルを導入することで日本の「i-mode」のように強固な収入源を得たい思惑があるものと思われます。

 日本の「i-mode」に対する批判のなかには「月額課金モデル」が挙がることがあり、それがガラパゴス的だとする声が多いことを考えると手放しに喜べない状況かもしれません。

[日経BP]

ソーシャルシェア

コメントソフトウェア改修作業の為、一時的に古い記事のコメント閲覧・投稿を休止しています。