アップルとサムスン電子が和解交渉か ブルームバーグ伝える

 世界各所で繰り広げられている戦いが終わるかもしれません。ブルームバーグの記事を伝える形でCNETは以下のように述べています。

 米国時間3月29日付けの同記事には、「ただし、本件に詳しい情報筋らは、Appleとサムスンの経営幹部らが最近、和解案について話し合ったと述べている」と記されている。

  この話が本当ならば、意匠をめぐった訴訟やそれに対抗する特許をめぐる訴訟合戦などが丸く収まる可能性が出てきました。

 記事によると、ティム・クックCEOは「訴訟は必要悪であり、無限の復讐のための手段ではないと考えているようだ」としており、スティーブ・ジョブズ氏の「Androidを水爆を使ってでも滅ぼしてやる」というほどの怒りとは異なるようです。

 iPhoneやiPadの製造に関してサムスンは重要なパートナーであることを考えると、和解の方向に向けて動き出すのは自然なことなのかもしれません。

 長らく続いた「パクリ」といわれる争いも、和解という形で幕を閉じる時は近いのでしょうか。

[CNET]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます