中国の作家、アップルに6億円超請求 著作権侵害で

 いよいよAppStore(正式名:iTunes Store)における、書籍の海賊版配信が問題になってきました。

 日経新聞によると、中国の若手作家22人の小説など計95作品の海賊版が無許可でAppStoreで販売されたことに対し、著作権が侵害されたとして提訴したとのことです。請求額は合計5000万元(約6億6000万円)で、この額は度重なる提訴の合計額。つまり、海賊版が増え続けていることになります。

 同様の問題としては、2010年に村上春樹氏や東野圭吾氏の中国版書籍がAppStoreで無断配信された騒動がありました。

 アップルによる監視体制強化を求める声と共に、中国地域でのモラルも問われています。

[日本経済新聞]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます