新型 iPad(第3世代)レビュー 画像&動画付き

 新型iPad(第3世代)がアップルオンラインストアより届いたのでレビューをお届けする。“正統派”な写真・レビューなどは大手メディアにお任せするので、より詳細な本体写真などをご覧になりたい方はぜひそちらでも見て欲しい。

 なお、今回、諸事情により十分なレンズが用意できなかった為、「なんでこんなレンズで撮ってるんだ?」というツッコミがあることを前置きしておきたい。

「次のヤツはメッチャ綺麗だぞ。」

 銀座で行われた新型iPad発売イベントに参加した孫社長は次のようなツイートをしていた。

  1年、いや、それ以上前から綿密に計画され、明確なロードマップを描き、着実に駒を進めてきたアップルは2012年3月16日に『The new iPad』の発売に至った。故スティーブ・ジョブズが眼を輝かせて言った「メッチャ綺麗」な『新しいiPad』だ。

 高精細Retinaディスプレイを搭載したiPadは多くの人々が望んでいたであろう。その一方で、「iPhoneでは当たり前のRetinaがiPadでも実現しただけじゃないか」と思われる方もいらっしゃるかもしれない。確かに、技術的な困難は伴うが事実としてはそれも正しい。しかし、一見すると小さな変化にも見えるが、コンピュータと画面の歴史を考えると非常に大きな変化なのだ。

 iPhoneが電話というカテゴリであるならば、「3」という数字をあえて外した「新しいiPad」は、言うならばMacBook ProやiMacと肩を並べる「次世代のコンピュータ」に位置づけられる。そして、その次世代のコンピュータには高dpiディスプレイが舞い降りたことになる。MacやWindowsでは実現できなかったことを、このiPadがたった2年で実現してしまったのだ。見た目だけの変化でなく、歴史的な点でも大きな変化といえよう。

 残念ながら、スティーブ・ジョブズが「新しいiPad」の製品版を手にすることはなかったが、発売を迎えた今、世界中の人々の手の中に広がりつつある。老眼が進んでPCでは苦労する人に、直感的な操作を楽しむ小さな子供がいる家庭に、古くて重い教科書に悩んでいた学生に、場所に囚われず自由にムービーやウェブを楽しみたい人の元に。この小さくて薄い「新しいiPad」には無限の可能性が詰まっているのだ。

 そして、箱から取り出し、電源をいれて真っ先にこう思うだろう。「メッチャ綺麗だ」と。

「綺麗すぎるだろ!」Retinaと液晶パネル

  まず初めに、LG製液晶パネルに悩まされてた人に朗報をお伝えしたい。こんなことをいうと一部の人に怒られるかもしれないが、新型iPadの液晶パネルは極めて綺麗だ。少なくとも管理人が入手した端末ではそう感じる。もちろん、管理人が運よく”アタリ”を引いた可能性があるので他の方の報告を待ちたい。(よろしければ、確認用のサンプル画像を下の方に用意したので周囲が真っ暗な部屋で確認してください)

 管理人が確認した限りではiPad 2の時に発生した光漏れは全く発生していないし、白を表示した際の黄ばみ(通称:尿液晶)も発生していない。何より発色と階調が素晴らしいのだ


クリックすると等倍表示 Exif付き(モアレっててごめんなさい)

 毎回争点になる色温度も、青っぽくもなく、黄色っぽくもなく、丁度良い。初めからこのクオリティで統一してくれれば…と思ってしまうほど。値段が5,000円高くなっても良いから毎回このクオリティで特注したいほどだ。電源を付けて一発目の「Retina化されたホーム画面」で最初に感動し、写真Appを起動して二度感動した。各メディアに掲載されているように、確かに美しい。

 Retinaディスプレイとこの液晶パネルのコンビによって、とにかく写真が映える。写真を眺めるのが楽しくて次から次へとスワイプしてしまう。なにより、写真が高解像度でもRAW形式が混じっていても、そのコンテンツの大きさに負けない程の十分すぎるスペック。一切のもたつき、突っ掛りがない。まるで、SF映画に出てくるような未来型PCを扱う超人オペレーターのような気分で、万能感を得られてしまう。

 こうなると、デジタル一眼レフカメラで撮影した画像の確認はiPadで決まりだ。屋外で使用すると視認性は当然ながら下がる。したがって車内や周りを暗くして確認することになるが、十分すぎる品質といえる。早々にでも撮影した画像データをiPadにワイヤレス転送する環境を整えようと思う。(何かいい方法・物はあるだろうか?)


液晶に映しだされたものを撮影したものをは思えないほど

 ちなみに、屋外環境でWEBを見た限り見難いとは感じなかった。文字などの視認性は極めて良い。ここまで凄いなら「4G / Wi-Fi版にしておけばよかった…」と後悔したのが本音である。恐らく、近いうちに4Gモデルを買ってしまうことだろう。

 アップル製品というと、直近ではiMac初代27インチ、iPhone各種、iPadといった具合にとにかくディスプレイに悩まされてきた。そして、その製造メーカーは漏れなく「LG」だった(大手メディアではないのでハッキリいってしまおう)。その悩みが無いというだけでも本当にうれしいものだ。

メモリ1GB×「A5X」は凄かった

 今回、初代iPadから買換える方も多いと思われる。一方で、iPad 2とのスペック比較は各所でよくみかけたが、初代との比較は少なかったのでそれを中心に行う。

 気になるスペックだが、初代iPadと比較すると間違いなく別次元だ。とにかくキビキビ動く。設定画面でも無駄にキビキビ。ブラウザでタブを複数開こうが、ピンチ操作で拡大しようが、思った通りの動きをしてくれる。マルチタスクによるアプリ切り替えも自由自在だ。アプリがすぐ終わり、すぐ起動することがこんなにも快適なのかと驚いたほどだ。

 下の動画は、初代iPadと新型iPad(第3世代)のウェブ表示速度を比較したものだ。左が初代右が新型である。共にアプリはブラウザのみ起動した状態で、キャッシュを削除した後に当サイト「ガジェット速報」を表示させた。ガジェット速報は2つのインラインフレームと多数の画像、JavaScriptファイルで構成されており、比較的重い部類のサイトだ。

 こうして比べてみると新型iPadは圧倒的に速い。そしてスクロールした際の描画も滑らかなことが分かる。この動画ではタブを1つしか開いていない状態であるが、もし4個・5個…と増えていったときのことを考えると差はさらに開くものと思われる。実際、新型iPadでタブを複数開いても重さを感じなかった。

 初代iPadを使っている人にとって、PCからタブレットへの乗り換えはスペックの面において障壁になっていたように思える。具体的にはスムーズに動かないキーボードや、WEBブラウジングでのもたつきなど。しかし、新型iPadならそんな心配も無用だ。ネットショッピングをする際の文字入力も素早いし、タブブラウジングが快適だから苦にならない。「iPad 3」が「The new iPad」として、他のMac製品と同じような扱いになったのも納得である。完全に「ポストPC時代」を狙った端末に仕上がっているのだ。

 管理人のようなヘビーユーザーは相変わらず脱PCをすることが出来ないが、多くの家庭では脱PCが実現するように思われる。家庭での脱PCが進めば幼少期からiPadに触れることになり、それと共に育つことで自然と生活の中にアップル製品が溶け込む。このことは同業者にとって非常に脅威だ。

 いささか、Androidタブレット陣営は厳しくなったことだろう。しかし、強力な敵がいるからこそ良い製品が生まれる競争原理が働く。タブレット戦争は始まったばかり。好戦を期待したい。

iPhotoで分かる真のパワー

 最後にiPhotoを使った感想をお届けする。

 今回、キヤノン EOS 5DmarkIIのRAWをサンプルに用いたのだが、約2100万画素のファイルでも楽々編集することができた。発表時には1900万画素までサポートするということだったので、安全に編集ができる基準が1900万画素なのかもしれない。したがって、いくら2100万画素のファイルが開けるからといっても油断は禁物だ。なお、iPhotoはRAWファイルに埋め込まれたJPEGファイルを編集する仕様になっている。

 今回、用意したのは下の画像(例のごとく撮れ具合は不問で…)。

 いろいろ気になる点はあるのだが、今回は左上端にある枝を消しつつ、彩度を上げてみようと思う。

5DmarkIIのRAW形式「CR2」もそのまま読み込むことができる。しかも全然重さを感じないから凄いものだ。(ただし最初に記載した通り、読み込んでいるのはRAWに含まれるJPEGデータだ)

分かりやすいようにやや大げさに彩度を上げてみた。彩度を弄るパラメータは4つあり、全体的な彩度を弄るものが一番左端で、青空、緑の葉っぱ、人物と続く。今回弄ったのは「全体的な彩度」。スライダーを左右に動かすとリアルタイムに反映される。

次に、左上端の枝を消す作業に移る。ペンメニューから「修復」ペンを選ぶ。

指でなぞったところが赤くなる。こちらもリアルタイムでゴミの除去(修復)が行える。ただし、周囲のピクセルとマッチングさせるため処理はやや重い。

完成したのがこちら。綺麗に左上端の枝がきれいに除去された。このような操作を行えるアプリは無料・有料ともに存在するのだが、デジタル一眼レフカメラのRAWファイルに埋め込まれた高解像度JPEGを楽々編集できるところがスゴイ。なお編集する前の画像は下のものだ。

手放しで勧められる新型iPad

 お伝えしてきた通り、新型iPadは素晴らしい出来だ。実際に現物を見るともっと印象は変わる。とにかく店頭などで現物を触ってみてほしい。

 iPhoneの場合、通信キャリアの問題やフィーチャーフォン(ガラケー)との使い勝手の問題あり、iPhoneを勧めることに躊躇することがあった。ところが、iPadにはWi-Fi版があるし画面も大きいからそれらの心配もない。非常にわかりやすいインターフェイスなのだ。

 快適に動き、素晴らしいディスプレイを搭載していることは良いことだ。場所に縛られないということは、可能性も無限に広がるということである。このデバイスをどう使うかは自由だ。ソファーに座りながらウェブブラウジングをしても良い。寝ながら地デジ受信機器&アプリでテレビを見ても良い。絵を描くことだって出来る。子供にとっては知育道具になるし、大人ですらワクワクするようなアプリだって存在する。そして、4G/Wi-Fi版なら旅先での強い味方になる。

 「PCはあまり使わないけど…」という方こそ、買った時の満足度は高いと思われる。ぜひ、「脱PC時代」の最先端をその目と手で触れてほしい。1つのタブレットから始まる無限の物語がそこには広がっているはずだ。

付録:テスト画像・参考画像

以下の画像は管理人が撮影したものであり、著作権フリーです。液晶パネルの品質チェックやiPhotoの動作、Retinaディスプレイの高精細を確認するためにお使いください。なお、液晶パネルテスト用画像以外の直リンク使用はご遠慮ください。(自動でリファラを見てdeny対処いたします。)


液晶パネルテスト用 白


液晶パネルテスト用 100%ブラック


液晶パネルテスト用 50%グレー


液晶パネルテスト用 25%グレー


高解像度画像1


高解像度画像2


高解像度画像3


高解像度画像4


高解像度画像5


高解像度画像6(RAWファイルはこちら

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます