「ミケランジェロの手を使う」アップルのこだわり

 ここまでこだわるとは…アップルとデザイン・哲学への追及おそるべし。Cult of Macに掲載された画像を見れば一発で分かります。

 そう、アップルの特許出願書類に添付された図画データに登場する手指の数々は、なんとミケランジェロの絵画をトレースしたものだったのです。

 「優れた芸術家はまねる。偉大な芸術家は盗む。」コンピュータ業界も先人の哲学、芸術など多くの学問に支えられてきて今がある。「いつかは自分もその一員になりたい」と生前に残したスティーブ・ジョブズ。この図画データからは、アップルという企業全体に根付く学問に対する尊敬の念が感じ取れます。自由七科をあなどるなかれ。

 多くの大学生は入学して1週間が経ち、つまらない教養科目の日々にそろそろサボりたくなってきた頃。でも、つまらないと思う勉強もいつかは役に立つかもしれません。(役に立たないかもしれません…)

[Cult of Mac]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます