圧倒的…Galaxy S3のグラフィック性能、iPhone4Sを大きく上回る

 Galaxy S3は、スマートフォンの中でも驚異的なグラフィック性能を誇っているようです。この情報は、GLBenchmarkに登録されたベンチマーク結果で明らかになりました。

 スマートフォンの情報を報じるウェブサイト「Phone Arena」によると、来月3日に発表が予定されている「Galaxy S3(GT-I9300)」のベンチマーク結果が GLBenchmark公式サイトに掲載されていたとのことです。残念ながら、現時点では削除されています。

 結果ページを撮影したスクリーンショットが以下の画像です。


via Phone Arena

 iPhone 4SやHTC Oneシリーズと比較したグラフが下記のものです。


via Trusted Reviews

 搭載されているプロセッサは以下の通りです。

 Galaxy S3「サムスン製 Exynos 4412 / Mali-400 (440MHz駆動)」
 iPhone 4S「アップル製 A5 / PowerVR SGX 543MP2」
 HTC One X 「NVIDIA製 Tegra 3」
 HTC One S 「クアルコム製 Snapdragon S4 / Adreno 225」

 今回、各端末のディスプレイ解像度が不揃いであるため、GPU性能を比較するには妥当ではない環境であるといえます。しかしながら、1280×720ピクセル解像度と噂されている(リーク動画では既に判明済)Galaxy S3が最も高い解像度ながらも、最高スコアを叩きだしていることを考えれば非常にパワフルな性能を有していることが分かります。

 長らく、開発コード「GT-I9300」が何であるのか争点になっており、GPUに旧世代ともいえる「Mali-400」を搭載していることが明らかになると「Galaxy S3とは別の端末だ」とする見方が優勢でしたが、440MHzという高い周波数で駆動させることでGalaxy S3の名に恥じない高性能を実現したようです。


リークされたExynos 5250のプレゼン資料

 サムスンは「Exynos 5250」という未発表のプロセッサも準備済みで、2GHz駆動、2560×1600ピクセル解像度対応というモンスタースペックであると噂されていますが、こちらはタブレット向けになる可能性が濃厚になりました。

 一体、スマートフォンの高性能化はどこまで続くのでしょうか。各社の競争が続く限り、さらなる進化が期待されます。

 ※個人的な読みではありますが、スマホのスペック競争(搭載メモリ容量、CPU駆動周波数・コア数…etc)はこの辺りで一度停滞し、低消費電力性能や拡張機能の提供などに注力されるのではないかとみています。

[Trusted Reviews via Phone Arena]

ソーシャルシェア

コメントソフトウェア改修作業の為、一時的に古い記事のコメント閲覧・投稿を休止しています。