Galaxy S3の外観デザインらしきものがリークされる

 26日、「SamMobile.com」が、Galaxy S3(開発コード:GT-I9300)のサービスマニュアルとされる画像を公開しました。そこには、線画ながらも未発表である「Galaxy S3」の筐体デザインが描かれています。

 外見は一見すると「GALAXY Nexus」のようにも見えるデザインですが、明確なホームボタンに加え、「戻るキー」と「メニューキー」らしきものが見て取れます。また、本体裏面は平面というよりもアークデザインになっており、本体下部に行くほど薄くなっているようです。

 本日、サムスン電子はGalaxy S3に搭載されるクアッドコアプロセッサ「Exynos 4 Quad」を発表しましたが、駆動周波数は1.4GHzとされていました。もし、このサービスマニュアルが本当であれば1.5GHzにクロックアップされているものと思われます。

 その他には、ディスプレイサイズが「4.8インチ」と大き目なサイズであったり、「Super AMOLED MIPI(C-Type)」という謎の有機ELディスプレイが搭載されているようです。

[Android Central via SamMobile]

 

ソーシャルシェア

コメントソフトウェア改修作業の為、一時的に古い記事のコメント閲覧・投稿を休止しています。