「Sony Tablet S」にAndroid4.0アップデート開始 日本はまもなく

 ソニーは、米国地域において「Sony Tablet S」のAndroid 4.0アップデートを開始しました。日本地域においても、一両日中には配布されると思われます。

 なお、所有者にはインターネット経由(OTA)でアップデートを促すポップアップ通知が表示されるとのことです。

 米国地域での主なアップデート内容は以下の通り。

  • 新しいロック画面(ロック状態での通知バー利用、カメラの直接起動)
  • パノラマ撮影モードの追加
  • 新しいメディアギャラリービュワー(SDカードへのアクセス、写真編集機能)
  • 「スモールアプリ」機能による、電卓・ブラウザ・リモコンなどの起動
  • 新しいホーム画面(アイコン群をまとめるフォルダの作成)
  • ウェブブラウザの更新(オフライン用ページ保存、デスクトップにショートカット作成)
  • SDカードへの直接アクセス機能
  • スクリーンショット機能の追加

 上記の他にも、日本地域では「ブルーレイレコーダーとの連携」などの機能が追加される予定です(詳細)。

 Sony TabletにおけるAndroid 4.0へのアップデートに関しては、先月に「4月下旬に行う」との告知がありましたが、予定通り行われることになりました。多くのメーカーがAndroid 4.0への対応に苦慮する中、ソニーは堅実にアップデートサポートを行っているようです。

[Android Central]

ソーシャルシェア

コメントソフトウェア改修作業の為、一時的に古い記事のコメント閲覧・投稿を休止しています。