「Sony Tablet」 Android4.0アップデートを延期

 27日、ソニーは同社のAndroid搭載タブレット「Sony Tablet S」ならびに「Sony Tablet P」について、4月下旬に予定していたAndroid 4.0.3へのソフトウェアアップデートを延期すると発表しました。新たな提供日については未定となっています。

 ソニー公式ウェブサイトによると、「開発に予定よりも時間を要することが判明したため、該当ソフトウェアの提供を延期させていただくこととなりました。」としており、開発が難航しているようです。

 昨日(現地時間)には、北米地域において「Sony Tablet S」へのアップデートを実施しており、日本向けの独自機能(ブルーレイレコーダー連携機能)などが影響した可能性も考えられますが、詳細は明らかになっていません。

[ソニー公式]

この記事は おちゃっ子様よりネタ投稿をいただきました!
ありがとうございます。

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます