WWDC2012のチケットが2時間で完売 過去最速

 米アップルが6月11日から開催予定の開発者向けイベント、「WWDC 2012」のチケットがわずか2時間で完売してしまいました。


完売を伝える公式ページ

 完売までに要した時間は、2011年は約12時間、2010年は8日間だったのと比較すると過去最速の売れ行きとなります。なお、今回からは特に「転売禁止」対策を強化しており、昨年までのような転売騒ぎは発生しにくいものと思われます。

 1,599ドル(約13万円)で販売されたチケットは、5日間の開発者向けワークショップ、メインの基調講演などに参加する権利を得るものです。値段自体は高く見えるかもしれませんが、開発者向けのイベントとしては「平均ちょっと+」といったところでしょうか。

 株価も粗利もとどまることを知らないアップルの勢いですが、その勢いはプラットフォームを盛り上げる開発者の意気込みにも表れているようです。

[Slashgear]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます