これはすごい!ほぼ全部入り「ARROWS X F-10D」発表

 NTTドコモは16日、富士通モバイルコミュニケーションズ製「ARROWS X F-10D」を発表しました。このモデルは次世代放送「NOTTV」以外にすべて対応した「ほぼ全部入り」スマートフォンです。

 「ARROWS X F-10D」は、ドコモ 2012年夏モデルの中で唯一「クアッドコア(4core)」を搭載した端末。NVIDIA製クアッドコア「Tegra 3」を搭載し、1.5GHz駆動を実現しています。

 なお、内部的には5つ目の低消費電力で動作するコアが搭載されており、低負荷環境ではこのコンパニオンコアが処理を行うことで消費電力を可能な限り抑えています。

 また、前機種(ARROWS X F-05D)に引き続き、豊富な機能を搭載していることが大きな特徴です。次世代放送「NOTTV」に対応しないことで「全部入り」の称号は失われてしまいましたが、クアッドコアという高スペックを実現しながらもここまでの機能を搭載したのは、富士通ならではといったところです。フィーチャーフォン時代の「スペックにも強いF」をスマートフォンでも実現しています。

 他には、Wi-Fiエリアへの侵入を認識し、自動的にWi-Fiをオン/オフをする機能などが搭載されており、消費バッテリーを抑える「スマート・エコ」な機能もしっかり抑えられています。

搭載OS Android 4.0系
CPU 1.5GHz クアッドコア Tegra 3
メインメモリ 1GB
ストレージ 16GB
外部ストレージ microSDHC 32GB対応
ディスプレイ 約4.6インチ TFT液晶
解像度 1280×720ピクセル
背面カメラ 約1,310万画素
前面カメラ 約130万画素
3G通信 7.2Mbps / 5.7Mbps
Xi 75Mbps / 25Mbps
Wi-Fi 対応
Wi-Fi テザリング 対応(最大8台)
GPS 対応
ワンセグ 対応
おサイフケータイ 対応
赤外線通信 対応
エリアメール 対応
おくだけ充電 対応
温湿度センサー 搭載
加速度センター 搭載
NOTTV 非対応
Bluetooth Bluetooth 4.0
防水 IPX5・8
防塵 IP5X
バッテリー容量 1,800mAh
サイズ 約135mm(H)×67mm(W)×11.8mm(T)
重量 約155g

[NTTドコモ公式]

ソーシャルシェア

コメントソフトウェア改修作業の為、一時的に古い記事のコメント閲覧・投稿を休止しています。