米ABCや各ネットメディアが、次期「MacBook Pro」および「iMac」の双方にRetinaディスプレイが採用されるとの情報を伝えています。なお、この新型Macシリーズは6月11日(現地時間)に開催が予定されている「WWDC 2012」で発表される見込みとのことです。

 報道によると、15インチのMacBook Proは光学ドライブが廃止され、その恩恵で現行モデルよりも薄型化されるようです。


薄型化のイメージ

 なお、CPUにはインテルの「第3世代Core iプロセッサ・Ivy Bridge」、GPUにはNVIDIA製「GeForce GT 650M」が搭載されるであろうとしています。ABCニュースによると、独自の情報源からも「AMDからNVIDIAに移行する」との情報を聞いているとのことです。

 また、「MacBook Pro」および「iMac」の双方において、ディスプレイに超高解像度「Retinaディスプレイ」が搭載されるとしており、ABCニュースの独自の情報源によると「驚愕する(開いた口がふさがらない)」ような新しいディスプレイを搭載している「MacBook Pro」がWWDC 2012で登場するのとことです。

 一時は「iOSが主流でOS Xは先細り」といったような見方も存在しましたが、ティム・クックCEOの「MacBookとiPadの統合はありえない」といった発言や、昨今のRetinaディスプレイ対応化(HiDPI化)の流れをかんがみるに、そのような見方は中期的には「正しくない」と判断して良いと思われます。

 6月11日開催のWWDC 2012まで1か月を切りましたが、近年稀にみる注目イベントになることはほぼ間違いないようです。

[ABC News]
[9to5Mac]