iPhone5はデザイン変更無しか 新型touchの前面パネルらしきものが流出

 22日(現地時間)、9to5Macが「新型 iPod touch」向けと思われる 4.1インチのフロントパネル流出画像を公開しました。


 このパネルは4.1インチのディスプレイサイズを有し、物理ホームボタン用とみられる丸い穴が開いています。見る限り、ディスプレイサイズ以外は現行iPhone 4Sなどと変わりがないように見えます。

 この流出部品が本物ならば新型iPod touchが4.1インチになるという注目すべき変更点に加え、外観デザインが特に変更されない可能性があり、このことはiPhone5にも影響するものと思われます。

 もちろん、外観デザインは別物になる可能性がありますが、4.1インチの画面サイズはiOS向けアプリ開発の関係上、iPod touchと同様のものが採用されると考えられます。

 他にも3点の部品(上記画像)が掲載されており、左から「ホームボタン」「フロントカメラ」「リアカメラ」であるとのことです。なお、リアカメラにはLEDフラッシュセンサーが取り除かれているとのことです。

[9to5Mac]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます