iPhone5の筐体と思われるものが流出 デザイン大幅変更

 

29日(現地時間)、MacRumorsはiPhoneの修理を行う「iFixyouri」から得た情報として、次期iPhone5のバックシェル(背面部品)と思われる画像を公開しました。


ホワイトモデル


ブラックモデル

このiPhone5向けと思われるバックシェル部品は上下が白色になっており、ホワイトモデルであると推測されています。従来、背面はすべて同じ素材・色で構成されていましたが、iPhone5では中央部はアルミニウム合金を採用したシルバーカラーであるようです。なお、ブラックモデルと思われるものではダークシルバーが採用されており、Mac製品にイメージされる「明るいシルバー色」とは印象が大きく異なります。

気になるDockコネクタですが、やはり新型の「小型コネクタ」が採用されているようです。その他には従来通り、スピーカーとマイクと思われる円形のメッシュが見て取れます。さらに、ステレオミニプラグ(イヤホン/ヘッドフォン端子)が本体下部に移動したようにも見えます。

[MacRumors]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます