ついに実現! au、世界初「NFC・FeliCa両対応」スマホを発表

 KDDI、沖縄セルラーは15日、世界で初めて「NFCとFeliCaの両方に対応」したスマートフォン「AQUOS PHONE SERIE ISW16SH」を発表しました。ISW16SHはシャープが2012年夏モデルとして発売する3機種の中で、最も高スペックなフラグシップ端末。

 日本と一時部地域を除いては、スマートフォンにおいてNFCが躍進しており、日本勢のFeliCaは世界市場で苦戦を強いられていました。日本では JR東日本の「Suica」などが生活に溶け込む水準で普及しており、FeliCaのみに対応した場合、NFCをOSレベルで推し進める「Android」との間で使うことが出来ない機能が生じるなどの問題が起こっていました。

 これらの問題を解決するために、昨年12月、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク・モバイルの3社は、NFCとFeliCaの共存を推し進める「モバイル非接触ICサービス普及協議会」を設立しており、この共存を図る取り組みが実を結ぶ形となりました。

 グローバルモデルにおいては、既にFeliCa対応モデルを発表している「台湾HTC」、FeliCa対応を表明している「韓国サムスン」以外のメーカーは不明瞭ではありますが、少なくとも国産スマートフォンでは両対応に向けて動き出しているようです。

搭載OS Android 4.0系
CPU 1.5GHz デュアルコア Snapdragon S4  MSM8660A
メモリ 不明
ストレージ 16GB
外部ストレージ 最大64GB microSDXC
ディスプレイ 約4.6インチ 高透過CGSilicon液晶
解像度 1280×720ピクセル
背面カメラ 1,211万画素(裏面照射型CMOS)
前面カメラ 31万画素
バッテリー容量 1,800mAh
WiFi 802.11 a/b/g/n 5GHz帯対応
Bluetooth Bluetooth 3.0
WiMAX 対応
Wi-Fiテザリング 対応
防水・防塵 対応 IP5X
サイズ 123mm(H)×約66mm(W)×11.6mm(T)
重量 約136g

 [au公式]

ソーシャルシェア

コメントソフトウェア改修作業の為、一時的に古い記事のコメント閲覧・投稿を休止しています。