京セラ、海外向けAndroidスマホ2機種発表

京セラは8日(現地時間)、Android 4.0搭載スマートフォン「Hydro」と「Rise」の2機種を、米国で開催中の無線通信国際展示会「CTIA Wireless 2012」で発表しました。ローエンド向けデバイスに位置づけられた同端末は、初めから海外市場をターゲットに投入される見込みです。


Kyocera 「Rise」


Kyocera 「Hydro」

Rise」はQWERTYキーボードを搭載するスライド式の端末で、「Hydro(ハイドロ)」は名前から連想されるように IPX5/7 相当の防水端末です。その他のスペックについては特に変わりはなく、以下のスペック表通りの仕様になっています。

搭載OS Android 4.0系
CPU 1GHz Snapdragon S2 (MSM8655)
メモリ 512MB
ストレージ 2GB
外部ストレージ microSD 最大32GB
ディスプレイ 3.5インチ IPS液晶
解像度 480×320ピクセル
背面カメラ 320万画素
バッテリー容量 1,500mAh
対応通信 EV-DO Rev A and 1X Advanced
Wi-Fi 802.11 b/g/n
Bluetooth Bluetooth 2.1+EDR

Riseの本体サイズ

サイズ inch to mm 112mm(H)×60mm(W)×14mm(T)
重量 oz to gram 157g

Hydroの本体サイズ

サイズ inch to mm 115mm(H)×61mm(W)×12mm(T)
重量 oz to gram 117g

他の国産メーカーが国内向けモデルを重点的に開発していたのに対し、京セラはグローバルモデルを開発・投入してきました。過去と同様に、今回も米スプリント・ネクステル向けの端末だと思われます。なお、発売予定時期は2012年下半期とのこと。

いくつかの海外ネットメディアを見るに、実際に触れた感触はとてもよさそうな雰囲気でした。特に、ローエンド向けデバイスながらも快適に動作するらしく、Riseのキーボードも使いやすいとのことです。また、京セラの担当者の話として「消費者からの要望に応えた端末として設計された」としており(BGR)、京セラが着実に海外市場に踏み込んでいる様がうかがいしれます。

Rise


Hydro

[BGR]
http://www.theverge.com/2012/5/8/3006590/kyocera-rise-hydro-hands-on-android
[phonedog]
http://www.phonedog.com/2012/05/08/kyocera-announces-the-hydro-and-rise-both-with-android-4-0/

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます