Windows8タブレットがついにくる!スペック全貌が明らかに

「タブレット」カテゴリーに新たな風を吹き込むと期待されている「Windows 8」搭載タブレットですが、あの「DELL」が市場に送り出すタブレットの詳細が明らかになりました。これは25日(現地時間)、BGRがNeowin.netによるリーク情報として伝えているもの。

気になるスペックですが、「10.8インチ(1366×768)」「デュアルコアAtom(Clover Trail)」「2GBメモリ(LPDDR2)」「最大128GBストレージ」「800万画素(後)/200万画素(前)カメラ」「指紋認証」と、どちらかというとPCをタブレット化したような構成になっており、強固なセキュリティを特記していることから推測するにビジネスシーンを強く意識した端末であるようです。これは、Windows系タブレットが持つ強みを上手く利用しているように思えます。

なお、CPUもx86系ですのでARM版Windows 8として正式に発表された「Windows RT」ではなく、「Windows 8」を搭載しています。非Metroスタイルアプリのサポートは不明です。

[BGR]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます