Acerは4日(現地時間)、台北で5日から開催されるComputex 2012に先駆ける形で、Windws 8搭載ウルトラブック「Acer S7」を発表しました。このウルトラブックはタッチスクリーンにも対応しています。

「Acer S7」は超薄型ノートブックPC「ウルトラブック」カテゴリに準拠するもの。先日、インテルが改訂したウルトラブックの条件もクリアしており、オプション条件として与えられた「タッチスクリーン」も率先して採用しています。

画面サイズは「13.3インチ」「11.6インチ」の2種類、解像度は1920×1080となります。バッテリー駆動時間は13.3インチモデルが「12時間」、11.6インチモデルが「9時間」とのこと。

なお、現時点では発売時期・値段等は不明です。それにしても、今発売されているウルトラブック…「今は買うな!時期が悪い!」という感じかもしれません。



[THE VERGE]