これはすごい 視野3倍のサイドミラーが開発される

米国・フィラデルフィア、ドレクセル大学のアンドリュー・ヒックス博士は、通常のものと比較して視野が3倍になるサイドミラーを開発しました。驚くべき違いは下の画像を見れば一目瞭然です。

下が従来のサイドミラーで、上が新開発の視野3倍のミラーです。従来はシルバーの車だけしか見えないのに対し、新開発のミラーは見えなかった赤・黒の車まで見えています。また、上下の角度も大幅に広がっており、歪みがない写りを実現していることが大きな特徴です。

このミラーは一見すると平らに見えますが、実は無数の小さな面がミラーボールのような役割を果たしています。2008年にヒックス博士が構築した数学的アルゴリズムを用いて最適な角度を導き出し、それにしたがって光が細やかに制御されています。

毎年、後方確認不足による巻き込みが原因の事故で多くの方が命を落としています。もちろんこのミラーだけで十分とは言えませんが、安全に大きく寄与することは間違いないでしょう。

残念ながらアメリカでは法規制の問題で採用することは出来ないとしていますが、近い将来、このミラーが搭載される日も近いものと思われます。

[THE VERGE]

ソーシャルシェア

コメントソフトウェア改修作業の為、一時的に古い記事のコメント閲覧・投稿を休止しています。