ヌルサクすぎるAndroid 4.1 Jelly Beanの動画

Android 4.1 Jelly Beanでは、「Project Butter」という「バターのように滑らかに動かす」ことを目的としたプロジェクトによって快適なUIを実現しています。

具体的には、指が触れた瞬間をミリ秒単位で検知してCPUの駆動周波数を上下させることで、常時60FPSという “ヌルヌル” 状態を実現することに成功しています。フレームレート(FPS)が落ちるとどうしても “カクカク” という印象を利用者に与えてしまうため、「AndroidはiPhoneよりも動きが悪い」と言われる原因の1つになっていました。

この動画では実際にヌルヌル・サクサク動いてる様子が見て取れ、ホーム画面、アプリ切り替え画面、ウェブブラウジングなどで効果を発揮していることが分かります。

まだAndroid 4.0すらアップデートされてないという方が大半な現状ですが、「4.0はスルーしていいから4.1にして!」と思ってしまう程の完成度の高さです。今からアップデートが楽しみです。

[Android Central]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます