Android向けFlashの提供を一切停止へ 既存端末のサポートのみ

米アドビ・システムズは28日(現地時間)、Android 4.1(Jelly Bean)向けにFlash Playerを対応させないことに加えて、8月15日以降はAndroid 4.0系以下の端末に対しても新規ダウンロード&インストールが出来ないようにすると発表しました。

既存のインストール済み端末については、セキュリティ・バグ関連アップデートのみを行うとのことです。

以前からAndroid向け(モバイル向け)Flash Playerの開発停止を発表していましたが、新バージョンのAndroid OSに対応させないだけでなく、新規配布自体も停止するというのは意外な対応です。

なお、Flash Playerがインストール済みであるAndroid 4.0系端末を、Android 4.1にアップグレードした際はそのまま利用できるようですが動作は保証されません。また、セキュリティ上の高いリスクが伴います。

上記の件に関してアドビは、Android 4.1にアップグレードする前にFlash Playerを削除することを推奨しています。

スマートフォン戦争のキーポイントの1つでもあった「Flash対応」ですが、アドビ自体が幕を引く形で収まることになりました。

[THE VERGE]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます