Apple製テレビ、クリスマス前に発売との情報

BGRは21日(現地時間)、トピーカ・キャピタルのアナリスト、ブライアン・ホワイト氏のApple製テレビに関するレポートを掲載しました。

そのレポートによると、製造を請け負うFoxconnは、2012年第3四半期にシャープからLCDパネルの供給を受けるとしています。本来は第4四半期を予定していたらしく、それが前倒しされた形となります。

シャープ役員などからの情報も加え、今年のホリデーシーズン(日本ではクリスマス~年明けに相当)までにApple製テレビが使えるようになる可能性があるとしています。当然ながら発売時期等は変更される可能性があるとも述べており、今後も注視していくとのことです。

Apple製テレビを巡る噂では、Siriによる音声コントロールや動画配信などが噂されていますが、一体どのような機能を備えて登場するのでしょうか。先の自動車メーカーとSiriが連携する発表を考慮すると、家電メーカーと制御関連で早くも連携する可能性があるのではないかと、管理人は予想しています。

[BGR]

ソーシャルシェア

コメントソフトウェア改修作業の為、一時的に古い記事のコメント閲覧・投稿を休止しています。