9to5MacやTNWなどの複数のメディアは12日(現地時間)、アップル独自の「MAP」アプリにマイクロソフトが地図データを提供していると伝えています。提供の範囲がどの程度に至るのかは今のところ分かっていません。


左がマイクロソフトのBingMAP 右がアップルの新しいMAP

なお、画像の一致だけでなく、iOS 6ベータに搭載されているMAPアプリの通信を見ると、レスポンスヘッダにはマイクロソフトのコピーライトが見て取れます。

iCloudの一部にはWindows Azureが利用されているなど、マイクロソフトとアップルの協業は各所で行われています。時代の流れを感じる両社の融和は、アップルが基調講演で発表した重要な「MAP」においても行われていたようです。

なお、このアップル独自の地図アプリは、2012年秋にiOS6の一部としてiPhone5と共にリリースされるものとみられます。

[9to5Mac]
[TNW]