部品販売を行う「ETradeSupply」は6日(現地時間)、iPhone5向けと思われる背面パーツの詳細動画を公開しました。注目すべきことに、プラスチックと思われていた部分は「金属の仕上げが違うだけ」ということが判明し、ブラックモデルの質感良さが動画の音を通じても伝わってきます。


上下のプラスチックと思われた部分は磨き仕上げの金属
中央は艶消し仕上げ

上画像にもあるように、背面の「アップルロゴ」や「iPhone」の文字も磨き仕上げがなされています。動画の0分53秒付近ではパーツを机に置いた際に硬い金属音が聞こえてきます。音の話で伝わりにくいと思いますが、バックシェルだけでこの音がなるということはそれなりの密度と硬度、重さを有している証拠でもあります。

ツートン仕上げが全くダメという方には許されないデザインであるとは思いますが、実際に見てみると良い感想を持つ方も多いような気がします(※管理人のデザインの好き好みはズレてるような気がしてますのでなんとも言えないです)

なお、ビデオの中ではSIMカードトレイについても言及されており、以前よりも小さいものが採用されているとのことです。

[9to5Mac]