ドコモ山田社長「iPhone販売は厳しい」 iPhone5改めて絶望的に

19日に開かれたNTTドコモの株式総会において、株主から求められた「iPhone販売」に対して、山田隆持社長(総会後・相談役)は「現状の環境では厳しい」と改めて困難であることを示しました。

山田氏は「今年度のスマホの販売計画1300万台の半分以上、アイフォーンを売ってくれと(米アップルに)言われる可能性が高い」とハードルが高い事情を 説明した。「いろんなスマホのラインナップの1つとしてアイフォーンを入れて良いよと言われれば、入れたいと考えている」と述べ、ドコモとして絶対に取り扱わないという方針があるわけでもないことを示した。

via msn産経

アップルから要求されるであろう年間販売数は650万台規模に上ると予想されているようです。ただし完全に無いという訳ではなく、「iPhoneもラインナップの1つに入れて良いよ」と “認めれくれれば” iPhone販売を考えるとのことです。

[MSN産経]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます