iPhone5のプロトタイプに「NFCチップ&アンテナ」を確認

9to5Macは25日(現地時間)、iPhone5のプロトタイプにNFCチップとアンテナが搭載されていると伝えています。

以前9to5Macが掲載したテスト機N41AP(5.1)とN42AP(5.2)の追加情報として、NFCコントローラチップが電源管理ユニットに接続されていることを明らかにしました。

このプロトタイプの仕様が製品版でも適用されれば、iPhone5はNFC機能を有することになります。

先日のWWDC 2012では、「Passbook」というチケット管理アプリがiOS 6から搭載されることが発表されています。これは航空機チケットや各種ポイントカード、野球観戦の入場券などをiPhone上で管理できる機能です。当然、このアプリとNFCの相性は抜群ですので、iPhone5にNFCが搭載されるのではないかとみられていました。

Android搭載スマートフォンではNFCの搭載が標準的になっており、先日発表されたWindows Phone 8でも正式に採用されることが発表されています。この流れにiPhone5も追従することになりそうです。

[9to5Mac]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます