新型iMacに関する新情報 5120×2880のRetinaは来年?

先の新製品ラッシュではリニューアルが見送られた「iMac」ですが、その新型に関する情報をInstapaperの開発者Marco Arment氏が明らかにしました。

同氏によると、新型iMacは今秋に発売されるとみられていますが、「Retinaディスプレイを搭載していない」とのこと。複数の情報源から聞いた話として自身の見解をブログにまとめています。

確かに、高精細ディスプレイの開発進捗状況を考慮すると妥当なところです。Retinaディスプレイを搭載したiMacは解像度が5120×2880とみられており、新世代テレビの標準となる4Kディスプレイを遥かに超える解像度となります。2012年段階で27インチの画角に “それ” を収め、商品として20万円近い価格に抑えることができるかといえば疑問符が付きます。

2013年後半にはMac ProとiMacの全面リニューアルが行われるとみられており、その際に5120×2880のRetinaディスプレイを搭載したiMacと外付けシネマディスプレイが登場するのかもしれません。

[MacRumors]

ソーシャルシェア

コメントソフトウェア改修作業の為、一時的に古い記事のコメント閲覧・投稿を休止しています。