楽天、7月に電子書籍ビジネス参入 カナダ製端末を販売

朝日新聞デジタルは21日、楽天が電子書籍ビジネスに本格参入すると伝えています。時期は7月下旬で、端末の予約は7月2日から。

報道によると、楽天が2011年11月に買収したカナダ企業「Kobo」が製造する電子書籍リーダー「Kobo touch」を、1万円前後で販売するとしています。状況によってはさらに値下げすることも検討しているとのことです。

気になるラインナップについてですが、インタビューの中では、開設時に5万点の作品は難しいとしながらも、数か月のうちにその数まで揃える意向を示しています。

年内中には、米アマゾンが日本国内で電子書籍ビジネスに参入することが明らかにされており、その流れに先手を打つ形となります。

ユーザー側としては「サービスの分断化」が気になる所です。配信元が増えることで競争が起こり、サービス向上が望める一方で、コンテンツの最低価格には限度が存在しますので「○○独占タイトル!この本が読めるのは○○だけ!」的な競争が過熱してしまうと非常に困ってしまいます。

[朝日新聞デジタル]

ソーシャルシェア

コメントソフトウェア改修作業の為、一時的に古い記事のコメント閲覧・投稿を休止しています。