東芝、米国でやらかす Android4.0アップデート再々延期で不満爆発

東芝の米国向けタブレット「Thrive」に対するAndroid 4.0アップデートが二度目も延期され、米国ユーザーの不満が爆発しています。

公式フォーラムや主要なAndroid関連サイトには批判的な意見が続々と投稿されており、東芝のAndroid 4.0搭載タブレット「Excite」が発売済であることや、Android 4.1 JellyBeanの発表を来週に控えている事が不満に拍車をかけているようです。

そもそもAndroid 4.0へのアップデートは今春を予定していました。それが一度目の延期で今夏になり、ついに二度目の延期で今秋になりました。

さらに延期案内の表現も悪く、「頑張って取り組んでいます」としたためにユーザーの怒りが爆発しました。頑張っている割に二度も延期し、季節もまたぐことから「なめてるのか?」と取られている様子。これが1週間程度の遅れなら「頑張って取り組んでいる」の表現も適切なのかもしれませんが…。

東芝の失態は日本メーカーの足を引っ張りかねない事態。国内ユーザーは黙って買い続けますが、北米地域では通用しません。

[THE VERGE]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます