プラチナバンドの対応エリアが意外に広い

ソフトバンク・モバイルは25日、周波数900MHz帯・通称「プラチナバンド」に対応するエリアを公開しました。ただし、現時点ではなく2か月後の9月下旬までに対応するエリアのお話です。


本日のサービス開始時には3%程度しか対応しないということで批判的な意見も多々ありましたが、この対応エリアを見る限りでは、電設業者内で「プラチナバンド特需」と言われる位に大規模投資されることが良く分かります。

東京23区だけでなく、房総、栃木、茨城沿岸部など主要な都市は抑えられているように見受けられます。日本全国でみると主要都市とその周辺都市がしっかり押さえられているようです。

個人的には、2か月後でこのエリアを実現できるなら思った以上に速いという印象を持ちました。

[ソフトバンク・モバイル]

ソーシャルシェア

コメントソフトウェア改修作業の為、一時的に古い記事のコメント閲覧・投稿を休止しています。