Mozilla開発者、Firefoxの「高速リリース」失敗認める

THE VERGEは9日、「高速リリースサイクルが原因でChromeにシェアを抜かれた」という、Mozillaの開発者・Jono DiCarlo氏による見解を紹介しています。また、「Firefoxにうんざりして捨てた人を取り戻すことは困難である」としています。

アクセス解析を手掛けるSatCounter社による調査では、2012年5月14日~20日の週において、ChromeがIEを抜いて世界シェアトップになったことを明らかにしています。なお、Firefox自体は昨年の11月に抜いており、両者の差は広がるばかりです。

[THE VERGE]

ソーシャルシェア

コメントソフトウェア改修作業の為、一時的に古い記事のコメント閲覧・投稿を休止しています。