iPhoneを「焚火」で充電するキット発売 災害・キャンプに最適

一瞬何を言ってるのか分かりませんが、iPhoneを焚火で充電するキットが発売されます。価格は129ドル(約1万円)で7月中旬に出荷されるとのこと。日本への配送にも対応しています。

正確にはUSBポートを1基備えている仕組みですので、各種スマートフォンやタブレット、LEDライト程度ならば使用可能です。ピーク出力は4W(5V)、最大連続出力は2W(5V)となります。

水を沸かしながら充電することも可能で、4分半で1リットルの水を沸かすことができるとしています。また、耐重量約3.6キログラムですので、軽いフライパンを載せて調理を行うことも可能です。

本体重量は935グラム。対応燃料は小枝や松ぼっくり、天然素材系燃料ペレットとなります(着火剤系は危険な可能性があるので取扱い説明書を読むか販売者に必ず問い合わせてください)。

デザイン性と機能性が両立されており、なかなか良い商品ではないかと思います。日本のキャンプではオートキャンプが主流ですので電源コンセントが完備されていることも多く、なかなか必要とされないかもしれませんが、災害時の電力供給源や調理器具として重宝される商品となりそうです。値段もお手頃なのがGood!

[BioLite via Cult of Mac]

ソーシャルシェア

コメントソフトウェア改修作業の為、一時的に古い記事のコメント閲覧・投稿を休止しています。