iPhoneに物理式キーボードを装着するケース案がKickStarterに登場しました。KickStarterとは、プロジェクトに対して寄付を募るサイトです。75,000ドル(約600万円)が集まると生産が開始され、9月中に出荷される予定です。期限は8月11日(東部夏時間)となっています。

この物理式キーボード付きケースは、使わない際にケースの裏側に収納しておくことが可能です。最大の特徴は電源を必要としない所。

iPhoneとBluetoothやDockを通じて接続する必要がなく、独自開発された「TypeSmart」技術を利用して、物理式キーボード経由でソフトウェア式キーボードをタッチする仕組みになっています。

なお、寄付の額に応じて待遇が異なります。商品を手に入れるためには最低25ドル以上を誓約しなければなりません(小売業者向けの高額プランも存在します)。タイミング的にiPhone5との兼ね合いが気になるところですが、その事もしっかりと考慮されており、額に応じて優先入手権を得ることが出来ます。

米国主要メディアから称賛する声が出ており、プロジェクトは無事スタートするのではないかと思われます。日本からも支援出来ますので、商品が欲しいと思う方はぜひサイトをご覧ください。

[Kickstarter via THE VERGE]