iPhone5販売に向けて世界中で準備開始!

アップルの新型スマートフォン「iPhone5」の販売に向けて世界中で準備が行われているようです。

まず、ご紹介するのは欧州の携帯電話キャリアの動き。16日(現地時間)に英紙フィナンシャル・タイムズが伝えるところによると、欧州の携帯電話キャリアが「nano-SIM」カードの確保に動き出したと伝えています。

iPhone5からは新規格「nano-SIM」が採用されるとみられていましたが、今回の報道を受けて、nano-SIM採用の噂と、流出した「nano-SIM格納トレイ」パーツの信憑性が高まりました。

となると、黒縁対応のnano-SIMトレイも信憑性が高くなり、さらに、流出したツートン背面パーツも…と、いろいろなものが繋がっていきます。もちろん、偶然・捏造の可能性もありますが。


黒縁用nano-SIMトレイ

また、Macお宝鑑定団Blogさんは「iPhone5の製造が開始された」との記事を掲載しており、iPhone5ホワイトモデルの上部写真を新たに掲載しています。

情報によると、上下部のツートンを構成する部分はガラス素材でできているとのことです。従来のiPhone 4/4Sと同様の素材になると思われます。一方、中央はアルミニウム合金ではないかとみられています。

補足しますと、iPhone5ホワイトモデルとみられる上画像は、色温度が低く、黄色・赤っぽい色になっています。これは撮影時の問題だと思いますので、より正確な色は既報の通り下の画像のような色味になるものと思われます。

[BGR]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます