iPhone5のnano-SIM採用が確認される ツートンデザイン採用が濃厚に

BGRは19日(現地時間)、米アップルの次期スマートフォン「iPhone5」に新しいSIMカード規格「nano-SIM」が採用されていることを確認したと伝えています。

先日には、ヨーロッパの携帯電話キャリアがnano-SIMカードの備蓄を始めているとフィナンシャル・タイムズが報じていました。BGRによると、アップルはnano-SIMのテストをAT&Tと共に行っているとしており、最終段階に近づいているものとみられます。

こうとなると、流出した「nano-SIMトレイ」の信憑性が気になる所ですが、本物である可能性が高まったように思えます。


こちらが黒枠用

こちらが白枠用(厳密にはシルバー)

仮に、黒枠と白枠(シルバー枠)に対応した2種類のnano-SIMトレイが正しいものであったと見る場合、”ツートン” でお馴染みのあの流出背面パーツの信憑性も高まります。


賛否両論分かれているツートン仕様ですが、恐らくNFCアンテナやワイヤレス充電の都合上の措置だと思われます。

[BGR]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます