これは朗報!新型iPod nanoは従来の縦長デザインに 音楽に特化

iPod nanoの縦長回帰を待ち望んでた皆様、朗報で御座います。

Macお宝鑑定団Blogさんによると、中国の信頼できる情報筋からの情報として、次期iPod nanoは縦長デザインに戻るとしています。つまり、現在の正方形はやめることになりそうです。


情報を基に作成されたイメージ画像

最近のアップルはiPod touchやiPhoneに注力する傾向があり、音楽専用プレーヤーは収束の方向なのか…などいう見方もありましたが、この新型iPod nanoは3.5インチの画面を備えたiOSベースの端末で、音楽を聴くことに最適化されているとのことです。もしかすると、Wi-Fi経由での楽曲購入にも対応しているかもしれません。

また、今秋には新しいiTunesの音楽サービスが予定されいると言われています。他社が聴き放題サービスを提供していることを考えると、アップルもその流れに追従すると見るのが妥当ではないかと思います。

新型iPod nanoはそのサービスに対応しているとされており、もし、その新サービスが音楽聴き放題サービスで、かつ、一定時間分の音楽データをキャッシュ可能であれば、Wi-Fi経由で2時間分の音楽を貯めておき、それを出先で再生するなんていう使い方が出来るかもしれません。


現行モデル

なお、従来のiPod系端末に搭載されていた「ホイール」は搭載されないとみられており、ホームボタンのみの採用となるようです。

[Apple Insider]
Macお宝鑑定団Blogさんはサーバアクセス過多(と思われる)でアクセスできないため、
一時的にリンクを外しておきます。

ソーシャルシェア

コメントソフトウェア改修作業の為、一時的に古い記事のコメント閲覧・投稿を休止しています。