iPhone5の実機パーツが完全流出 デザイン大幅に変化

流出したiPhone5の実機パーツが詳細に撮影された画像を、アイラボファクトリーさんが掲載しています。

この度流出したiPhone5のパーツはブラックモデル。4インチの画面に加えて、中央に移動したFacetimeカメラ、下部に移動したイヤホン端子、小さくなったDock端子などが見て取れます。ホームボタンも健在です。

完全なツートンデザインですが、中央のダークメタル部分は思った以上に「明るいグレー」といった感じ。レンズ口径が大きくなっているようにも見えます。1,200万画素カメラの可能性も。

カメラレンズとフラッシュの間に謎の穴がありますが、一体何でしょうか?

今のところ、iPhone以外の刻印が見つからず、初期に流出した試作パーツである可能性があります。

アンテナの切欠きも健在。スリープスイッチや音量ボタンも黒縁化されてます。どちらかというと「ブラック」というよりは「グレー」モデルといった印象も。

内部構造も大きく変化しているようです。内部構造は製品同様に作られており、この流出したとみられるiPhone5のパーツは信憑性が高いように思えます。フロントパネルを見るに、4インチ液晶が採用されており、同時にアスペクト比の変更はほぼ確実ではないでしょうか。

Dock端子は新しくなった「ミニDock端子」になることも分かります。思った以上に小さいです。

ここまで出てきた情報も含めて、予想されるスペックと新要素をご紹介したいと思います。

搭載OS iOS 6
CPU A6プロセッサ(クアッドコア)
メモリ 1GB
ディスプレイ 約4.0インチ液晶ディスプレイ
IGZO採用
1136×956ピクセル
Dock端子 新規格ミニDock
リアカメラ 1
フロントカメラ 1 (FaceTime)
LTE LTE対応
NFC 搭載
色展開 ブラックとホワイトの2色

[ライラボファクトリー via 9to5Mac]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます