米アップル、サムスン端末の販売差し止め請求へ

米アップルは、カルフォルニア州北部連邦地裁が24日(現地時間)に出した判決をもとに、米国内におけるサムスン製スマートフォン端末の販売差し止めを請求することが明らかになった。同社は今月29日にも請求する見込み。

すでに公聴会の日程も組まれており、9月20日に開催が予定されている。サムスンは約2週間の間に差し止め請求に対する反論の準備をしなければならない。

今回の判決は多くの点でアップルの主張を認めるものとなっており、販売差し止め請求が認められる公算が高いとみられている。

[THE VERGE]

ソーシャルシェア

コメントソフトウェア改修作業の為、一時的に古い記事のコメント閲覧・投稿を休止しています。