NTTドコモは29日、パケット通信データ量を確認できるアプリの提供を開始しました。対応機種は「Xi対応スマートフォン」「Xi対応タブレット」「FOMAらくらくスマートフォン(F-12D)」で、Google Playからダウンロードできます。申し込みや料金は不要。

ドコモのシステム側にデータを取得しに行くタイプであれば非常に有用だったのですが、残念ながら「端末のデータ保存領域にアクセスしパケット通信データ量の取得を行います」とのこと。取得間隔は「5分」「30分」「1時間」から選択することが可能です。

注意事項にもあるように、アプリの常駐を終了させた上で端末電源が切れた場合や、月初め~アプリインストール前までの分は集計されないとのことですので注意が必要です。

Android 4.0からはOS標準で通信量を測定・制限する機能がありますので、あくまでもライトユーザー向け(!?)のアプリであるようです。ただし、集計クリア機能が付いていますので、単発的にどれ位の通信を行ったか調べる使い方が可能です。

10月1日からは、通信量の上限を3GBにする代わりにパケット料金を1050円値下げするプランも登場しますので(詳細)、通信量を把握することが大切になります。

[NTTドコモ]
[Google Play]