Android Policeは15日(現地時間)、同サイトが「Google Playストア」アプリの最新バージョン3.8.15を詳細に調べてみたところ、グーグルが「ギフトカード」の導入を進めていることが明らかになったと伝えています。

日本においては、アップルのiTunesギフトカードがコンビニエンスストアなどで販売されており、クレジットカード決済を好まない層や中高生の決済手段として人気を得ています。グーグルがどのような方法でギフトカードを導入するのか現段階では定かではありませんが、仮に小売店の店頭で購入できるようになれば利便性が高まりそうです。

Androidにおける有料アプリの売上が語られる際、ギフトカードによる決済手段が存在しないことがマイナス要因として挙げられることも多かったのですが、これを機に状況が改善されることが期待されます。

なお、あくまでも開発途中の話ですので、”予定が未定” になることがありますのでご注意ください。

[Android Police]