HP ENVY x2発表 ノートPCとタブレットのハイブリッド

HPは30日(現地時間)、ノートPCとタブレットのハイブリッド端末「HP ENVY x2」を発表しました。

 

HP ENVY x2は、OSにWindows 8 Proを採用したQWERTYキーボードを備えるノートブックPC。画面部分を取り外すことが可能で、タッチ入力に対応したタブレット端末として利用することも可能です。

筐体にはアルミ製素材を採用、ウェブサイトBGRの記者によると、他の製品と比較しても非常に堅剛性(堅い)があるように感じられるとしています。タッチパッドには光沢加工を施し、様々なジェスチャーに対応。

画面には11.6インチのIPS液晶ディスプレイを採用しており、解像度*注は1366×768ピクセル。スタイラス入力にも対応。詳細なスペックは明かされていないものの、CPUはAtomのClover Trail世代を採用し、32GB/64GBのSSDストレージ、NFCのオプションも用意されます。

タブレットモード(画面本体)の重さは約680グラム。キーボードを含めた時の半分の重さになるようです。

バッテリーはベース部とタブレット部の両方に搭載されており、充電ポートも両方にあるとのことです。従って画面のみを持ち運ぶシーンでも充電することが可能になります。

価格や発売日は不明ながらも、HPの担当者によるとホリデーシーズンの終わりまでに出荷をしたいとのことです。

*注 日米の慣習に従った解像度表記。ピクセル密度を示す「解像度」とは異なる。

[THE VERGE]
[BGR]

ソーシャルシェア

コメントソフトウェア改修作業の為、一時的に古い記事のコメント閲覧・投稿を休止しています。