未発表機種「HTC One X+」スペックがリークされる

Stuffは8日(現地時間)、台湾HTC製スマートフォン「HTC One X」の後継機種と思われる、開発コード「Endeavour C2」のスペックに関する情報を掲載しました。

「Endeavour」といえば、既に発売されているHTC One Xの開発コードネーム。その点から考慮しても、後継機種である可能性が高いと思われます。

匿名の情報ソースからもたらされた情報によると、1.7GHz駆動のクアッドコアを新たに搭載し(恐らくTegra 3)、バッテリーを改良、新色の追加、Urbeatsイヤホン付属などの変更が加えられているようです。

なお、この機種はHTC One Xとアクセサリーの互換性があるとの推測がなされており、外観は変更なく、基本的にスペックアップに徹した変更が加えられるのではないかと思われます。

発売時期については、10月よりも前にイギリスに投入されるのではないかとしています。となると、IFA 2012で発表されるかもしれません。

[Stuff via BGR]

ソーシャルシェア

コメントソフトウェア改修作業の為、一時的に古い記事のコメント閲覧・投稿を休止しています。