ついに来た!HTC、WindowsPhone8搭載端末を9月下旬発表へ

WPDangは9日(現地時間)、台湾HTCが、Windows Phone 8を搭載したスマートフォン端末を9月第3週に発表すると伝えています。以前お伝えした「Rio」「Accord」「Zenith」の3つの端末が発表されるものとみられています(詳細)。

3つの端末はそれぞれ価格帯が異なり、Rioがローエンド、Zenithがハイエンドとなります。今年6月に明かされていた端末スペックをご紹介すると…

  • Rio(ローエンドモデル)
    • 4インチディスプレイ
    • 画面解像度800×480ピクセル
    • 1GHz駆動 Snapdragon S4 MSM8227
    • 512MB RAM
    • 14.4Mbps HSPA対応
    • 500万画素リアカメラ
    • 720p動画撮影対応
  • Accord(ミドルレンジ)
    • 4.3インチディスプレイ(SuperLCD)
    • 画面解像度1280×720ピクセル
    • 1.5/1.7GHz駆動 Snapdragon S4 MSM8260A(暫定)
    • 1GB RAM
    • 42Mbps HSPA+対応
    • 800万画素リアカメラ
    • 1080p動画撮影対応
    • NFCサポート
  • Zenith(ハイエンド)
    • 4.7インチディスプレイ(SuperLCD 2)
    • 画面解像度1280×720ピクセル
    • 未発表 Snapdragon
    • 搭載RAM容量不明
    • 42Mbps HSPA+対応
    • 800万画素リアカメラ

ハイエンドのZenithもNFCをサポートしていると思われますが、現時点で明らかになっている情報では伝えられていません。

ついにWindows Phone 8を搭載したHTC製の端末が登場するかと思うと、楽しみでなりません。日本でも発売されることを願いたいものですが、恐らく…。個人的には輸入してでも入手したい端末です。

[WP DANG via WMPoweruser]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます