iPhone5の4インチ画面&アスペクト比変更、さらに濃厚に

9to5Macは9日(現地時間)、現在ベータテスト中のiOS 6で、iPhone5の画面解像度が1136×640表示に変更されることを匂わせるあらたな根拠を掲載しています。

上の画像は、iOS6のシミュレーターで画面解像度を1136×640ピクセルに指定した際にキーボードがしっかりと対応できていることを示している比較画像です。

少し分かりにくいですが、上側がiPhone5の新しい画面解像度で表示させたパターンで、下側がiPhone 4S/4の従来の画面解像度で表示させたパターンです。1つ1つのキーが横に伸長しており、黒帯などが表示されずにしっかりと対応できていることが分かります。

なお、1136×640以外(仮に1280×720など)を指定すると、キーボードは正しく伸長されないとのことです。このことを考慮しても1136×640という一見すると “変わった” 値に特別な意味があることが分かるかと思います。

今年の春頃に伝えられていたiPhone5のテスト機に関するリーク情報では、画面解像度が1136×640であるという情報が伝えられていましたので、そのリーク情報と今回の検証結果が一致しています。

半年前には半ば冗談のように伝えられていた4インチ&アスペクト変更ですが、どうやら現実のものとなりそうです。

[9to5Mac]

ソーシャルシェア

コメントソフトウェア改修作業の為、一時的に古い記事のコメント閲覧・投稿を休止しています。